2015年11月01日

11/01 恵比寿三越に めだか米登場!売り切れ次第終了

恵比寿三越に めだか米登場!売り切れ次第終了

土曜の午後、恵比寿の行きつけのカフェで原稿の書き込
みをしていたら、ドンドンドンと店の外が何やら騒がしくなっ
た。工事の作業音ではない。どうやら太鼓の響きのようだ。

正体を確認したい。衝動に押され店を出ると、店の前を獅
子舞が行進していた。いや、獅子舞ではない。

  15103101.jpg

獅子舞の頭に長い首。白ヒョロ長のフサフサを頭上に載せ
て太鼓を叩いて歩いている。たしか東北地方の伝統芸能
鹿踊(ししおどり)。

7〜8体の鹿(しし)が、一体一体太鼓を腹に抱えて打ち
鳴らしている。そして鹿は力強くそして軽やかに踊りだし
た。東北の踊りで恵比寿の街の一角が熱を帯びる。

  15103102.jpg

どのくらいの演舞時間だったろうか、晩秋の陽が陰り空気
が冷え始めたころ観衆の拍手の中、鹿踊が終わった。

そして、陽が落ちた。

恵比寿ガーデンプレイス三越デパートの前で思った。
鹿踊のイベントがあったということは、それに付帯する催
しがあるはずだが・・・。困ったときはデパ地下に行けば何
かある。


三越の入り口で遅まきながら理解した。岩手県「一関市」
のイベントだった。

  15103104.jpg

「いわて南牛」の大きなレプリカが置いてある。
さて、「南牛」・・・なんと読むのか。

正しい読みがわからないプチなストレスを抱えて館内へ。

地下2階の一角に《 いわて一関&平泉フェア 》 のイベント
ブースがあった。小さなスペースだが、いい感じが漂って
いる。スタッフの皆さんの一生懸命が伝わってくるのか、
ほんわりと温かい感じがする。

  15103107.jpg

弊社スタッフの Kと一緒にブースに近づいて展示商品の説
明を聞くことに。この手の話を聞くのは大好きだ。

商品の魅力もさることながら、話を聞いていると、商品の背
景、人の汗や温もり、苦労、商品を育んだ町の風景、果て
は町に吹く風さえも感じることがあるからだ。ただ話を聴い
ているだけだなのに、旅に出たような錯覚すら覚えてしまう。

さて、今回の「一関&平泉」ブースを見て目玉商品を見つけた。
いや、勝手に目玉にしてしまった。岩手県一関市川崎産ひと
めぼれ。その名も《門崎(かんざき)めだか米 》。お米だ。

  15103109.jpg


説破! 「めだか米」とは如何に?

  15103110.jpg

ということで話を伺ったのが、農事組合法人 門崎ファーム
の副組合長、藤江 修さん。とても話が上手な方で、めだか
と田んぼの話をお聴きしているだけで、とても心地よくなっ
てしまった。

めだか米とは 「めだかが泳ぐ田んぼから収穫したお米」 の
ことで、即ち安全な食品だということらしい。

だが、めだかが泳ぐ田んぼで米を育てている地域の話は、
時折耳にすることがある。それとはどう違うのか。

門崎(かんざき)のめだか米は、他と違うと藤江さんは言う。

他の地域に見られるめだか米の田んぼの多くは、人の手で
めだかを田んぼに放流しているのだそうだ。

     15103105.jpg
    写真:門崎ファーム副組合長 藤江 さん

しかし、門崎のめだかは、人の手でめだかを放すのではなく、
めだかが自分の意志で?用水路から田んぼに出入りするらしい。
その環境を藤江さんたちが作り上げ、守り、維持しているのだ
という。

   sd2356df.jpg
   門崎めだかファンクラブ:facebookより


秋以降、田んぼの水を抜いた非灌漑期のめだかは、土水路など
に生息しているそうで、春になり田んぼに水が張られる頃になる
と田んぼに入って繁殖するらしい。

昔ながらの生態系を平成の今に再現することに成功した貴重な
田んぼのようだ。

その田んぼには「めだかの水路」があり、「めだか用の三角池」、
「往来マス」 さらには「めだか用の魚道」まであるらしい。

聴いているだけでワクワクしてしまった。
もっともっと詳しく教えていただいたのだが、ここに長々と
書くわけにもいかない。

  
  youtube動画がUPされている。蛍光イエローのベストを
  着て説明をされている方が副組合長の藤江さん。

興味が湧いた方は、ぜひ直接恵比寿三越の地下2階を
訪ねて、藤江さんから素敵な話を聞いていただきたい。

恵比寿三越の《 いわて一関&平泉フェア 》は 11月 3日まで開催


※我が家用に1kg 買ってしまった。

     medakamai02.gif

{(試食=美味しい)+(生産量限定=少量)=即買)

スタッフ I
posted by JN01 at 06:05| 日記