2015年06月15日

6/15 観光と時の流れと数字 1


    観光と時の流れと数字 1

    2015年もすでに6月。時の速さにはほとほと参ってしまう。

    人生の折り返しを過ぎ、中年世代という大海でのんびり小舟を
    漕いでいる筆者にも、この「時(時間)」という荒波は容赦なく
    押し寄せている。

    umi943.jpg

    何が一番閉口するかといえば、それは老化。我が顔面に
    深く刻まれているホウレイ線などはその最たるものだ。

    ホウレイ線。
    医学的には「鼻唇溝」と呼ぶようだが、ただでさえパッと
    しない顔が、このホウレイ線のおかげで見事なまでに冴え
    なくなってしまっている。

    街なかを歩いているとき、ショーウインドーに映る自分
    の姿を見て自分と認識できない時がある。どこぞのおじ
    さんがいる・・・・・。
    そんなボケボケの自分がいることに、悲しいかな時の流
    れを感じてしまう。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ある日。ふと、手元にあったメモをめくっていると、殴り
    書きの数字が目に飛び込んできた。

    2009年の走り書きのメモのようだ。

    「時の流れ」といえば、数字も一緒に押し流していくもの
    だということを思い出した。

    さてさてこの数字、一体なにを書き記していたのだろうか。

    65↑

    1950  20 → 1
    2010  20 → 4
    2035  20 → 7

    2958万
    570万

    30 -178    15
    40  225     30
    50  1150    30
    60  2071  26

    2291  20

    「観光」に関わる話を綴っている本サイトとしては、
    やはりそのあたりに絡んだ数字であることには間違いない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー・・・・・つづく



.
タグ:観光 数字
posted by JN01 at 18:27| 日記