2015年05月01日

5/ 1 妖怪観光を探る10(スタッフ日記)


 昨年の晩夏のことだった。急用で北海道を訪ねることになった。

 スケジュールに余裕のない、バタバタと慌ただしい移動だった。

 そんな慌ただしい移動の中で、筆者はついに見てしまった。

 何を ?

 本欄で、長々と書き連ねた妖怪、あの「日和坊(ひよりぼう)」に。

 正体の一説に挙げられているのがブロッケン現象。
(筆者が昔出会った日和坊はブロッケン現象などでは説明のつかない
 不可思議な現象だったことは以前の本欄で触れた)

 筆者は再び出会ってしまった。2014年、晩夏の晴れた雲の上で。

 飛行機に搭乗する時は、いつも通路側の座席を指定している。
 通路側を指定することで、筆者はかなりのストレスから逃れる
 ことができるからだ。

 zaseki01-2.gif

 しかし、この日は急いでいたせいもあり、他人(ひと)にチケット
 の手配を丸投げしたまま羽田空港に来ていた。千歳空港行きの搭
 乗手続きをして、初めて自分の座席が窓際であることに気付いた。

 窓際はもう何年も座ったことがない。いくら急いでいたからとは
 いえ不覚だった。それでも不覚不覚と言いながら飛行機は飛び立つ。

 羽田空港を離陸して、さほど時間は経っていないところで窓を覗
 きこんでみた。眼下には白い雲が広がっていた。とその時、その見
 下ろした視線の先、雲の上に小さな「あれ」 を見つけてしまった。

 それは ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


youkaikanko=01.jpg


 >>> >>> スタッフ I




 .
 
posted by JN01 at 00:00| 日記