2015年02月27日

2/27 水戸の土産は納豆なのか ??


2月24、25の両日。
セミナー講師として招かれ、茨城県水戸市を訪ねていた。

水戸は梅まつりの真っ最中。本来なら梅の話をここで書き
たいところだが、今日話題にするのは梅ではなく「納豆」。

    seminar01.jpg

2日間のセミナーも無事終わり、ホテルからタクシーで
水戸駅に向かっている時だった。運転手さんから
「そぼろ納豆は知っているか?」と聞かれた。

そぼろ・・・納豆?? そぼろ状の納豆・・・?
「ひきわり納豆ですか?」と答えると、
「いやいや、ひきわりではない。そぼろ納豆だ」と言う。
「納豆の中に小さく刻んだ沢庵が入っているんだ・・・」とも。

それは普通に醤油をかけて食べるものかと聞けば、
「醤油はかけない。そのまま食べるし、お茶漬けにしても美味しい。
ぜひ買っていくといい」と言うではないか。

水戸駅に着いたタクシーから降りる時、
「美味しいからぜひ買っていくといい、どこにでも売っているから」
と背中に念押しをされてしまった。

念まで押されたからには、「そぼろ納豆」がどの様なものなのか
気になってしまう。

たしか、駅改札階にある土産売り場の奥にスーパーのような
食品売り場があったのを思い出した。早速「そぼろ納豆」を
探してみると豆腐売場の並びにそれらしきものがある。
しかし、「きりぼし納豆」という名だ。100g入りのパック。

    nattoo2.jpg

「そぼろ・・・」ではないが、東京へ向かう電車まで時間がない。
とりあえず即購買。

店内のレジで清算を済ませ、「IBARAKIあじわい市」という土産
売り場を通り抜けようとしたその時。「あった」。
あった、「そぼろ納豆があった」。

    natto7.jpg

たった今、そぼろ納豆様のものを買ったばかりだというのに、
ものの数秒も経たないうちに本物?らしき商品を発見してしまった。
しかも300g入りと100g入りが売っている。

    natto4.jpg

時間が無いというのに、売り子さんに商品の説明を根掘り葉掘り聞く。

ずっしりとした300g入りを購入してしまった。
先ほど購入した納豆と合わせると納豆を400gも買ったことになる。
人生初の納豆の爆買い(ばくがい)だ。

それから2時間。帰宅して荷を解き、とりあえず商品を撮影。
膳の支度を急いで、いよいよ「そぼろ納豆」を食す。

    natto.jpg

なるほど・・・・・・この味なのか。

ひと口食べて唸るような味ではない。
かといって不味いわけでもない。

納豆の味がしっかりとする。刻み沢庵が入っているとはいえ、
その多くは納豆なのだから、当然と言えば当然だ。
それでも咀嚼を繰り返していると・・・・

きた!

沢庵の味と香りが口中にほんのりと。
なるほど、そういうことか。

その昔、保存の効かない納豆を保存食にすべく、麹を加えたり
しながら工夫を重ねた末にできたという「納豆」と「沢庵」。
なるほど、こういった味の組合せもあるものだと感心してしまった。

水戸のお土産の新たなラインナップとして
「そぼろ納豆」を大々的に宣伝してもらいたいものだ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーースタッフ:I









.

posted by JN01 at 00:00| 日記