2016年07月20日

千葉県の銚子が宇宙人に・・・・(地域振興スクープ?)


衝撃的な大見出しに目を奪われた


「千葉県の銚子が宇宙人に襲撃・・・か・・・!?」

さらには「銚子電鉄に宇宙人が乗り込む?」「 7/24 銚子の街で何かが起こる?」と。


千葉県の銚子市といえば、ヒゲタ・ヤマサの両醤油大企業の城下町ではないか。

いったい、千葉県の銚子市に何が起ころうとしているのか。


筆者が手にしたのは、【銚スポ】というフリーぺ―パー。見出し横に「銚スポ」の文字。

信じられないような誇大キャッチコピーと、コピーの最後に気恥ずかしさが見え隠れする

極く小さな「か」の文字がなにやら怪しい。


  choshi01.jpg


これは飛ばし記事で高名な、いやいや、特ダネスクープで名を馳せている有名スポー

ツ紙「東京スポーツ(東スポ)」と同じ手口。もしや、東スポのブランドを悪用する悪質な

パクリ新聞ではないのか!という疑念も湧いてしまう。


  choshi02.jpg


そこで、「銚スポ」紙の関係者に直接話を聴いてみることにした。


 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★


「銚スポ」紙は、まち興し・地域振興・地方鉄道応援から生まれた情報紙だという。


今回の号は、正式な発刊を前にした「パイロット版」で、疑惑のパクリについては、すで

に「東スポ」の版元、東京スポーツ新聞社の許可を得ているとのことで問題はなかった。

ただ、驚くことに紙面の記事に東スポの方々のサポートが入っているという。


地方(フリーペーパー)紙に大手新聞社がサポート?
なんだか久しぶりにワクワクさせてもらえる情報紙に出会った気がする。


日本の至る場所で、まち興し・地域振興のアイディア出しに頭を痛めている人がいる
なかで、なんと自由 ( 遊び気分満載 )な発想と行動だろう。


「まちに住む人が楽しめるものが一番のまち興し」と筆者は常々語っているが、まさに
「まちに住む人が楽しい」町興しになっているのではないだろうか


  nuresen001.jpg
  「写真:銚子電鉄 OTS犬吠埼温泉 犬吠(いぬぼう)駅にて」

ちなみに「銚スポ記事」には、来る 7月24日、一般参加も可能というUFO召喚イベント

が行なわれ、イベント参加者には「宇宙人から発行されたUFO撮影許可書」がプレゼ

ントされると書かれている。信じる人も、眉に唾を塗りたくる人も、大いに楽しめるイベ

ントとなるに違いない。


銚子電鉄株式会社サイト



銚子市観光協会サイト



また、すでに6月1日から始まっている、山口敏太郎プロデュース

「銚子電鉄 妖怪スタンプラリー」も、裏表紙面で大きく告知されている。



24日(日)は子供や孫と銚子電鉄に乗り、銚子の街を1日楽しむのもいいだろう。


※そういえば・・・・


 そういえば 今頃は、銚子で「入梅いわし」が食べられる時期(要確認)。

 年間水揚げ量5年連続日本一の銚子港。その銚子市の魚が「イワシ」。

 6月〜7月の梅雨時期に水揚げされるマイワシは、「入梅イワシ」と呼ばれ、

 1年の中で最も脂がのった美味しい時期と言われている。


 「入梅イワシ」食さずに、夏を迎えるわけにはいかない。




                             スタッフ I






posted by JN01 at 09:09| 日記

2016年07月13日

最近の健康法 -1(スタッフ)


最近の健康法 -1

最近、個人的に幾つかの健康法を楽しんでいる。

健康法と聞くと「眉に唾」・・・という方々もいると思うが、子供の頃、夏休みにスタンプカードを首からぶら下げて駆け付けた「朝のラジオ体操」も立派な健康法で、大正時代に日本で初めて作られた健康体操と言われている「自彊(じきょう)術」やストレッチング、ヨガも健康法なのだから、何も身構えることもないだろう。

 因みに、筆者は企業にストレッチング(ストレッチ体操)の導入を手伝ったり、傘寿を過ぎた筆者の母が今も現役のヨガ講師であったりと、何かと体操系の健康法にかかわりがある。ただ、かかわりがあるというだけで、それ以上の深みが無いのが難ではある。

 さて、冒頭にあった、今楽しんでいる「幾つかの健康法」だが、書き出すときりがないため、あえてその中の2つの健康法を紹介したい。

それは「8時間内食事摂取」と「特定の生存型ビフィズス菌摂取」だ。詳細な医学的説明やエビデンスが・・・というのは筆者の能力の範疇を超えているため、ここでは簡単な紹介ができればと思う。

 まず「8時間内食事摂食法」だが、これは起きている時間の中の8時間以内で食事を済ませるということ。1日3食を守るのであれば、8時間以内に3食を済ませる。1日2食の方であれば8時間以内に2食を済ませるというものである。

 「8時間以内に食事」とググっ(インタネットをグーグルで検索する=ググる)てみると、「8時間ダイエット」というタイトルが山ほど検索されてくるが、そうではない。ダイエットではないのでご注意願いたい。

 私のいう「8時間内食事摂取」とは、単に食事を8時間以内に済ませるだけのことだ。
 聞くところによると、食物を消化するために人間の体は膨大な体力を使用するという。確かに食物を栄養に変化させるのだから、ある意味生き物の消化器官は“ひとかどの化学工場”と言えるだろう。化学工場であれば、食物を栄養に変換する工程にかなりのエネルギーを要することは容易にイメージできる。

 さらに聞くところによれば、人が起きているあいだ(1日中)食事やおやつなど、何かを食べて続けているとしたら、身体の中の化学工場は常に稼働していることになり、エネルギーを消化の作業のために使いっぱなしになってしまい、本来生きていくために必要な体のあらゆる部分のケアが覚束(おぼつか)なくなるという。
ご存知のように、人間は常に身体(骨・筋肉・皮膚・内臓・・・)の新陳代謝を繰り返すことで生命を維持している。

 その活動は生きるために欠かすことのできない最も重要なものだ。ところが、もし自分の体が食べものの消化にエネルギーを取られ続け、自分の身体の新陳代謝を全力で行なうことができないとしたら、一体どうなるだろう。

 さらにさらに聞くと、老化が進むのも、免疫が低下するのも、食べ物の消化にエネルギーを常に使い過ぎている影響が少なくないのではないかとのことだ。

 人間の身体の中では、いろいろな作業が行なわれている。免疫という作業、新陳代謝という作業・・・。

 今まで消化という作業を深く考えたことがなかった筆者である。あくまでも素人考えに過ぎないが、そのように聞いてしまうと、なるほどと思う部分がある。イメージしやすい。

 8時間のなかで食事を済ませましょう。食事なのだから、日ごろから脂質の摂取に気を付けている人はそのまま気を付けて食事をすればよい。野菜を主とした食事なのであればそのままに。普段自分が気を付けている食事をそのまま当て嵌められるのであれば、それがいいではないか。それで、「免疫の応援」や「新陳代謝で若返り?」の背を押せるのなら、これは試す甲斐があるというものだ。

 もともと食事時間が不規則な筆者には、ある意味生活にリズムをつけるよい切っ掛けとなっている。

 さて、次に紹介するのは「特定の生存型ビフィズス菌摂取」。その話は次の機会に。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーースタッフ I






posted by JN01 at 16:00| 日記

2016年07月08日

外国人観光客向けに、そばアレルギーの認知体験イベント?


外国人観光客向けそばアレルギーの認知体験イベントを浅草で実施!

 立ち食いそばチェーン店「名代富士そば」(ダイタンホールディングス株式会社)が、外国人観光客に対し、そばアレルギーの認知の拡大を目的とした「そばアレルギータトゥーチェッカー体験イベント」を、昨日(7月7日)、浅草 LION BUILDING STUDIOで開催した。

《以下ダイタンホールディングス社プレスリリース》

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
外国人観光客にもっと和食を楽しんでもらいたい!
そばアレルギーの認知を拡大そばアレルギータトゥーチェッカー体験イベント 外国人に大人気の浅草で実施!
〜そばの美味しさ、安全性を楽しくお土産感覚で体験!〜

fujisoba01.jpg


 本イベントは、日本古来の食文化である「そば」を外国人観光客に広める活動の一環として、外国人観光客に認知の低いそばアレルギーについて知ってもらい、自らテストしてもらうために開発された「そばアレルギータトゥーチェッカー」の体験をメインとし、外国人観光客に大人気スポットの浅草で開催しました。

fujisoba02.jpg


 当日はとても天候に恵まれ、浅草観光に来た多くの訪日外国人の方が会場に訪れました。アレルギーチェックを行った方からは、「おもしろい!」「楽しい!」「そばアレルギーがあるのを知らなかったので、知ったことでより日本への旅行を楽しめるようになった。」といった声や、そばアレルギーについての話を興味深く聞いて下さる方も見られるなど、好評をいただきました。

 また、名代富士そば代表取締役 丹 有樹氏は今回のイベントに対し「そばアレルギーを知らない外国人観光客の方に、楽しく気軽に参加をしてもらい、そばアレルギーチェックをすることで、そばを安心して美味しく食べてもらえることがとても嬉しいです。」とコメントしています。


そばアレルギータトゥーチェッカーとは
 アレルギー診断というのは本来はネガティブなチェックであり、アレルギーがあると診断されたら残念な気持ちになりがちです。しかし、アレルギーがあってもちょっと嬉しくなる。そばが食べられなくてもちょっとラッキーだと思える。アレルギーチェックやその診断結果を楽しいものに変換したいという思いの下、デザインは観光客に喜ばれそうな浮世絵スタイルにし、このアレルギーチェック自体が日本旅行の思い出にもなり、海外への発信力もあるものになっています。

そばアレルギータトゥーチェッカーの使用法
 浮世絵、和柄を意識したそばアレルギータトゥーチェッカーは、ステッカーを貼った皮膚の上からプリックテストを行い、そばのアレルゲンにアレルギー反応を起こすと、赤くなった皮膚がステッカーの絵の一部から浮き出てくるように見えることで絵柄完成するものです。

fujisoba03.jpg


今後のそばアレルギータトゥーチェッカー
 今回のイベントを皮切りにそばアレルギーチェックの単独イベントを継続的に開催していくことで、認知拡大を図るとともに、そばの安心・人気を広げ、安心して日本食を召し上がって頂けるよう更なる活動をしていきます。

名代富士そば企業概要
社 名 :ダイタンホールディングス株式会社
本社所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-36-1 オダカ ビル 3F



.
posted by JN01 at 08:03| 日記